CASE STUDY

事例紹介

実際の対応事例をもとに
解決のポイントをご紹介します

自転車が車に衝突された事故で,治療中から弁護士が介入し、後遺障害等級を獲得。20代女性看護師について、職業別の平均賃金を基に、67歳までの40年超にわたり労働能力を喪失したとして後遺障害逸失利益を獲得した。

傷病名 左腓骨骨折、左足関節内果骨折 後遺障害等級 左足関節機能障害:12級7号
代理店様

事故直後は、ご依頼者様もご家族も不安で仕方ないという様子でしたが、最後には十分ご満足いただける解決を迎えたようでとても安心しました。

ご依頼者様

事故で大けがを負った時はこれからどうしたらよいのかと不安な気持ちでいっぱいでしたが、弁護士さんに依頼をして、色々とアドバイスをいただく中で、少しずつ目の前が明るくなった気持ちがします。足が動かしづらいという症状は残ってしまいましたが、相応の補償を上回る補償をしていただいたと思っています。

交差点における自転車と車の出会い頭事故。当方が転倒した際、左腓骨骨折・左足関節内果骨折等の傷害を負い、左足関節の可動域制限が残存した。
治療中から相手方保険会社の対応に不信感を抱き、弊所にご依頼いただいた。

提携医の意見書を添付して後遺障害申請を行い、無事、後遺障害12級7号の認定を受けた。

相手方保険会社との交渉では後遺障害逸失利益が争点となることが見込まれたが、当方が職業別平均賃金を基に67歳までのライプニッツ係数で算定した金額を、相手方がそのまま受け入れる形で、当方に40%の過失があるも789万円(既払い金を合わせると約1100万円)で示談することができた。

提携医へ事前に情報を共有。

後遺障害申請にあたり、あらかじめ提携医に画像を共有し、意見書の作成依頼をすることで、スムーズに等級認定を受けることができた。

 

この続きはブライトの会会員様限定公開コンテンツとなっております。
→ブライトの会とは?

浦川 知裕弁護士
主な取扱分野は一般民事・家事,交通事故等。 皆様がいつでも安心して相談できる「かかりつけ医」のような存在を目指しています。 私の大切にしている論語の一節に、『人に気に入られるように、口先でうまいことだけ言って中身が伴わない人間には、思いやりの心がないものです。』というものがあります。弁護士として、また、人として、この一節を日々意識しながら生きています。

CONTACT

お問い合わせ

代理店様とご依頼者様の
安心をお約束します。
まずはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ

06-6366-8770(受付時間9:00~18:00)