CASE STUDY

事例紹介

実際の対応事例をもとに
解決のポイントをご紹介します

異議申立によって後遺障害非該当を14級9号に覆した事案。個人事業主で休業損害の詳細な立証を行った上で交渉した結果,休業損害が支払われた。

傷病名 頚部捻挫 後遺障害等級 非該当→14級9号
代理店様

当初,休業損害を否定されていたところ,休業損害の支払いが一定程度認められただけでなく,異議申立の結果後遺障害等級14級9号に認定されたため,ご依頼者様に満足頂けた。

ご依頼者様

一人親方であったが,今回の事故によって頚部を痛め,手指に痺れが残ってしまっており,仕事が全くできなかったため,代わりの者を雇った。
もっとも,当初は相手方保険会社が休業損害について全く応じようとしなかっただけでなく,治療も半年程度で打ち切ると告げられ,今後の補償について不安を感じていた。
最終的には休業損害も一定程度支払われ,後遺障害も認められたため,想定以上の賠償金が得られてよかった。

追突,個人事業主の事案で,当初休業損害を否認されたため,弊所にご依頼いただいた。

後遺障害申請をするも非該当の判断であったが,異議申立の結果,14級9号に該当すると判断される。

代替労働等による休業損害や後遺障害等級14級9号を主張して賠償交渉を行ったところ,当方主張の休業損害に一定程度応じるとともに,後遺障害等級14級9号を前提とした賠償に応じるとして示談成立。

詳細な立証

休業損害についての立証を詳細に行った。

 

この続きはブライトの会会員様限定公開コンテンツとなっております。
→ブライトの会とは?

松井 潤弁護士
主な取扱分野は交通事故。 弁護士事務所は「敷居が高い」といわれることがあります。私は、どのような方でも気軽に話をしていただけるよう、親しみやすい雰囲気作りを心がけています。 当ファーム内では、交通事故専門チームに所属しており、交通事故事件を専門的に手がけています。交通事故対応のプロフェッショナルとして、クライアントを守ります。

CONTACT

お問い合わせ

代理店様とご依頼者様の
安心をお約束します。
まずはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ

06-6366-8770(受付時間9:00~18:00)